あおいろ

強く…8

翌日昼、ようやくつくしは目を覚ました。つ 「…ここは?」総 「おっ、起きたか?」 つ 「に、西門さん?!どうして…?」総 「家元夫人に会ったこと、覚えてないか?」つ 「家元夫人…?」つくしは目覚めたばかりのぼんやりした様子で思い出そうとしていた。総 「雨にうたれて歩いてるお前を 家元夫人が見つけたんだ」つ 「…そうだったね。。」総 「てか いつの間に家元と家元夫人と仲良くなってんだよ。『つくしちゃんつ...

続きを読む

今年もよろしくお願いいたします♪

みなさま、今年もよろしくお願い致します。冬休みも終わり通常の生活が始まりましたでしょうか?ホッっとしつつも、もう終わりなのぉ~!!と悲しいです。笑穏やかな1年が過ごせますように頑張りたいと思います。(*^_^*)あお12/19 20:38 に拍手コメント下さいました 『ま~さま』遊びに来てくれて&コメントありがとうございます♪又来て頂けて嬉しいです!相変わらずのんびり更新ですがお付き合い頂けると嬉しいです❤...

続きを読む

強く…7

直 「えっっと、、つくしちゃんは大丈夫なの?」総 「だから…お前、つくしちゃんつくしちゃん慣れ慣れしすぎないか?さっさと説明してもらおうか!」 あきらの顔がピクピク…。直 「いやさ、俺はつくしちゃんが心配で急いで帰ってきたんだからさ、状態が知りたいわけよ」そう言って総二郎とあきらの視線にビクビクしながら直三郎はつくしに近づき様子を伺った。そして手を伸ばし額に触れようとした時…類 「俺の牧野に触らない...

続きを読む

『強く…7話』更新と1月の更新は15日・25日になります。

こんにちは♪あっという間に12月も終わってしまいそうです。。恐ろしいです。年賀状、まだです!!家の中、、片付いていません!!って、まぁそれは置いといて、、、どんなに忙しくても私が毎年冬になると楽しみにしているもの、、それはフィギュアスケート❤トリノでのGPファイナル。祈りながら見ていました。笑演技に入る前、曲がかかる前の緊張感、本当にドキドキです。ひたむきに演技する姿に心打たれます。次にある全日本選手...

続きを読む

強く…6

慶一郎と藍子は今後の事を話し合うため、つくしの事を誠一郎 ・ 総二郎 ・ あきらに任せ一旦客間を離れた。誠 「さっきは電話ですまなかったな。 家元夫人に電話を急に奪われてさ、スマホをポイって投げられたよ。…家を出て、初めて帰って来る状況がこれで、驚いたなぁ。くくくっ。…まぁ、病人が居るって事でアレコレ考えずに敷居を跨げたけどな」総 「…兄貴、急に悪かった」誠 「いや、お前の顔を見れて嬉しいよ。つくしちゃ...

続きを読む

強く…5

内弟子 「お帰りなさいませ、総二郎様。家元・家元夫人・誠一郎様が、奥の客間でお待ちです」 総 「解った」あ 「失礼します」静まりかえる邸の中を状況が掴めないままふたりは急いで客間に向かった。出迎えた内弟子の表情が疲れたようにも見える。部屋に入る前 二人は目を合わせ、頷きあい、総二郎が中へと声を掛けた。総 「遅くなりました、総二郎です。」藍 「…お入りなさい」許可を得て客間のその奥の部屋に入ると、と...

続きを読む

12月の更新は1・10日のみとなります。

こんにちは♪ぐっと冷え込んで紅葉がとっても綺麗になり始めましたね。今年は気温が下がるのが例年より少し遅かったなぁ。ぽかぽかした日に綺麗な紅葉を見るのはるんるんです。日に日に木々や山の紅葉が変わっていくのを楽しみたいなと思っています。12月になりました。なってしまいました!この月になると毎年気持ちもバタバタして落ち着かなくなってしまいます。笑12月は1日・10日の2回更新になります。よろしくお願いしま...

続きを読む

強く…4

trrr trrr trrr 《誰だ? これから楽しもうってのにっ》総二郎は久しぶりに あきらと飲んで騒いで気晴らししようとBarに来ていた。スマホを確認すると知らない番号からの着信。遊び用とプライベート用。スマホは使い分けていて、鳴っているのはプライベート用。総 「…誰だ?」 電話の相手を不審に思い、いつもより声のトーンを落とし敢えて不機嫌な声で出た。 「くくっ…俺だよ。久しぶりだな、電話番号変えたんだよ...

続きを読む

寒~い!!

こんにちは♪遊びに来てくださってありがとうございます!今回は『強く…4』の更新になります。ここ数日で急に寒くなりましたね。TVでも真冬の寒さって言ってます(°_°)インフルエンザの噂もちょこちょこと出始めているようです。今年も頑張ってインフルエンザの予防接種をうってきました。(。>ω<。)うった後が痛~い!!自分を守るためとはいえ大人になっても注射は、、イヤなものです。。。体調に気を付けて過ごしましょうね。...

続きを読む

金木犀の香りに包まれて 『乙女椿』ロキさまより頂きもの

女の子たちのきゃあきゃあいう声が聞こえてくる。どうせあいつらだろうな、と思ってたら、美作さんが見えた。優し気な風貌。柔らかな物腰。口元に浮かぶ笑みは、人を魅了する。ほら、周りの女の子たちが頬を染めている。ほんっとに、無駄に愛想がいいんだから!思わず、背を向けて、ずんずんと歩いていこうとしたら、後ろから軽い足音がして、「牧野」と声をかけられた。振り向くと、さっきまであちこちに振りまいていた笑みをその...

続きを読む